Categories
美術館

メトロポリタン美術館(アメリカ・ニューヨーク)

アメリカはニューヨークのアッパーイースト(高級住宅街でもあり、ミュージアムストリートでもあります)に位置する、アメリカ最大の美術館であるメトロポリタン美術館。その広大な建物内には、世界各地の貴重な美術品が地域別・時代別に区分けされて展示されています。世界三大美術館の中でも、ルーブル美術館と並んで圧倒的な存在感と評価を持ちます。

本記事では、そんなメトロポリタン美術館を詳しくご紹介します。

圧倒的な美術コレクション

メトロポリタン美術館は、非常に幅広く重厚なコレクションを有します。洋の東西、また、時代を問わず、世界中の地域、文明、あらゆる年代、流派による美術作品を収集していることで知られています。私立の美術館としては、世界的に見ても他に類を見ないコレクション内容とスケールです。

入館料は長いあいだ「希望額」として掲示されているのみで、実際は好きな金額を払えば入館できました。ところが、2018年3月以降、ニューヨーク市民およびニューヨーク近郊の住民以外は大人25ドル、65歳以上17ドル、学生12ドル、12歳未満は無料の支払いが義務化されてしまいました…。

ミュージアムショップの充実ぶりも有名であり、関連書籍、ミニチュア、雑貨など古今東西のアートをテーマにデザインした豊富な品揃えです(オンラインショップでも購入可能)。

そして、マンハッタン北部ワシントンハイツ地区のフォート・トライオン・パークには別館である「クロイスターズ」があります。フランスやスペインの廃僧院を解体輸送して再構築した美しい建物に、中世ヨーロッパ美術が展示されています。

更に、2016年には、旧ホイットニー美術館の建物をリースして、ピカソ作品などのキュビズムを中心としたモダンアート・コンテンポラリーアートの展示を行う別館である「メット・ブロイヤー」を開館しています。

メトロポリタン美術館の歴史

メトロポリタン美術館はの構想が発表されたのは、実は、アメリカではありませんでした。1864年に、パリで7月4日のアメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で提案されたのが最初です。アメリカ初の国際的規模の美術館設立をも目指したものでした。

美術館は6年後の1870年に開館し、現在では一日では回りきれない規模を誇る、世界最大級の美術館のひとつとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *