イベント・キーワード

イベント・展覧会一覧

3,070 件中 21 - 30件目 << 前へ12345678910次へ >>
第72回企画展「みつをの一生」 第72回企画展「みつをの一生」(260pt/ 相田みつを美術館

現在、教科書で、あるいはトイレの日めくりカレンダーなど、様々な場所でその作品が目にふれ親しまれている相田みつを。 しかし、どのような人生を送ったのかはほとんど知られてはいません。 それは、『いちずに一本道 いちずに一ツ事』(角川文庫)以外に自伝的な文章をほ……

Kids(キッズ)サンデー10月 Kids(キッズ)サンデー10月(521pt/ 兵庫県立人と自然の博物館

兵庫県立人と自然の博物館では、毎月第1日曜日は「Kids(キッズ)サンデー」を開催しています。小さな子どもたちも楽しめるプログラムを沢山ご用意しています。ご家族でぜひ遊びに来てください。 10月のKidsサンデーは、サンデーぜみ「クズの葉っぱをさがそう!」、デジタル紙……

「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(小樽) 「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(小樽)(758pt/ ウイングベイ小樽

三菱電機ビルテクノサービス株式会社では、2018年10月12日(金)~14日(日)までの3日間、「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(入場無料)を、「ウイングベイ小樽 ハイタッチコート2F」(北海道小樽市築港11番)で開催します。開催時間は11:00~17:30となっております……

松岡コレクションの日本油彩画 松岡コレクションの日本油彩画(617pt/ 松岡美術館

半生をかけて美術品を蒐集してきた松岡は、80歳を契機として個人コレクションを広く一般に公開するため、当館を設立しました。それからも最晩年の94歳までロンドン、ニューヨーク、香港へと海外のオークションに赴くのですが、その合間を縫って、美大系予備校の運営を契機に関……

松岡コレクション―中国動物俑の世界 松岡コレクション―中国動物俑の世界(373pt/ 松岡美術館

古代中国では、霊魂は不滅であると考えられており、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、死者とともに木、土、金属などで作った人形‐俑を副葬する風習がありました。俑のなかでも、土を成形し焼き上げた陶俑は原料調達や制作の容易さ、長持ちするといった利点から、様……

「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(所沢) 「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(所沢)(378pt/ 所沢市こどもと福祉の未来館

三菱電機ビルテクノサービス株式会社では、2018年10月5日(金)~7日(日)までの3日間、「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」(入場無料)を、「所沢市こどもと福祉の未来館」で開催します。 開催時間は10:00~17:00となっております。 ※最終日のみ16:00まで ……

兵庫県政150周年記念事業 特別展「装飾大刀と日本刀-煌めきの刀剣文化-」 兵庫県政150周年記念事業 特別展「装飾大刀と日本刀-煌めきの刀剣文化-」(615pt/ 兵庫県立考古博物館

弥生時代から江戸時代の出土刀剣から日本人の愛した刀剣の歴史をたどります。古墳時代の金銀で装飾された刀や出土した日本刀のほか、兵庫にゆかりのある伝世の日本刀を展示します。 ◆講演会◆ [開催時間]13時30分~15時00分   ※12時50分開場 混雑時は開場時間を早め……

平成30年度 特別展 ~日本画画業35周年記念~ 後藤 仁 日本画・絵本原画/後藤大秀 からくり人形 ~赤穂出身の日本画家・絵本画家、初の里帰り展~ 平成30年度 特別展 ~日本画画業35周年記念~ 後藤 仁 日本画・絵本原画……(2915pt/ 赤穂市立美術工芸館 田淵記念館

赤穂市立美術工芸館 田淵記念館 平成30年度 特別展   ~ 日本画画業35周年記念 ~ 後藤 仁 日本画・絵本原画/後藤大秀 からくり人形  ~赤穂出身の日本画家・絵本画家、初の里帰り展~ 2018年10月20日(土)〜12月17日(月)   AM9:00〜PM5:00(入館受付はPM……

クボ・カルロス個展 クボ・カルロス個展(272pt/ 京都佛立ミュージアム

日系ブラジル人二世の画家クボ・カルロス・イツオ氏が、日本人ブラジル移民110年を記念し、京都で『感謝の気持ち(Gratidao/Gratefulness)』を展示いたします。 幸せの原点を感謝の気持ちに見出したクボ氏。自身のルーツである日本と生まれ育ったブラジルの相反する側面を融……

企画展「発掘された明石の歴史展 明石の近世Ⅱ-出土品が語る城下のくらし-」 企画展「発掘された明石の歴史展 明石の近世Ⅱ-出土品が語る城下のくらし-」(989pt/ 明石市立文化博物館

今年で26回目になる「発掘された明石の歴史展」は、昨年の明石城築城時の姿を取り上げた「明石の近世」に続き、江戸時代後半期の姿を紹介します。天和2(1682)年に越前大野から松平直明が明石城に入封して以降、幕末までこの越前松平家が代々藩主を務めました。この時期の遺……

 << 前へ12345678910次へ >>
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート