ムンク (3356pt)

ムンク
no check user
別の名称

エドヴァルドムンク,edvardmunch,munch,エドヴァルドムンク,edvardmunch

属性

表現主義、世紀末芸術 

年数

1863~1944

12月12日ノルウェーのヘードマルク県ロイテンに実父は医師で名家に生まれる。翌年クリスチャニア(オスロの旧称)へ移住。 1868年5歳の時に母が結核のため死去、1877年姉が結核で死去。身近に「死」を実感したことは後に芸術に影響を与え続け、特に『病室での死』『病める子』といった初期の諸作品では直接のモチーフになっている。1881年画学校に入学。「クリスチャニア・ボヘミアン」という芸術グループで1886年『病める子』が罵倒と思えるほど批判される。1885年に数週間パリに滞在。1889年にはノルウェー政府の奨学金を得て正式にフランス留学し、レオン・ボナのアトリエに学んだ。パリに着いた翌月に父が死去。この頃から「フリーズ・オブ・ライフ」(生のフリーズ)の構想を抱き始める。1892年ベルリンに移り、この地で『叫び』などの一連の絵を描く。1890年代はヨーロッパ各地を転々とする。何人かの女性と交際したが、生涯独身を通した。1902年の夏、オースゴールストランにて再会した元恋人とトラブルになり、有名な発砲事件を起こし左手中指の関節の一部を失う怪我をした。この頃から精神が不安定になり療養生活を送った。1909年にノルウェーに戻り、心身の健康が回復したムンクは勢力的に作品を手がけながら後半生を過ごす。1914年にはオスロ大学から同大学講堂の装飾画制作の依頼があり、1916年に完成。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート