リーバーマン (3326pt)

リーバーマン
no check user
別の名称

マックスリーバーマン,maxliebermann,liebermann,マックスリーバーマン,maxliebermann

属性

画家 

年数

1847~1935

ベルリンのユダヤ人実業家の息子で、法学や哲学を学んでいたが、その後1869年にヴァイマル、1872年にパリ、1876年にはオランダに移り絵画を勉強した。1884年にベルリンに戻り当初、田園の人物や、彼の生活風景などを描いていたが、のちドイツ印象派の代表的作家となる。富裕階級の生活風景や肖像画を描くようになり尊敬された。1899年から1911年までベルリン分離派を指揮し、プール・ル・メリット勲章を受章、ベルリン名誉市民に推挙されるなど老齢ながらドイツ画壇に君臨した。しかしナチスが政権を獲得した後1933年からは出自や政治という要素によって非難されるようになり1933年5月、名誉総裁の称号を返上した。

[ リーバーマン ] に関する美術館・博物館情報

美ヶ原高原美術館

アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート