岸田劉生 (3974pt)

岸田劉生
no check user
別の名称

きしだりゅうせい

属性

洋画家 

年数

1891~1929

『道路と土手と塀(切通しの写生)』や『麗子微笑(青果持テル)』など後に重要文化財となる作品を始めとした西洋式絵画を手がける。1891年新聞記者・教育者・実業家の岸田吟香と妻の勝子の第九子(四男)として銀座に生を受ける。東京高等師範学校付属の小学校・中学校に通いながら中学時代から独自で絵画を学ぶ。1905年父の死をきっかけに、翌年キリスト教に入信し洗礼を受け、熱心な信者となる。1908年本格的に絵画を学ぶ為に白馬会葵橋洋画研究所に入り、当時画壇を先導していた洋画家・黒田清輝に師事しながら外光派の表現を会得。1912年詩人の高村光太郎、画家の萬鉄五郎らとヒュウザン会を結成。1913年同会の解散や小林蓁との婚姻。翌年以後古典的絵画表現の影響を受けながら、無骨な写実的描写によって対象に宿る深い精神性を鋭く見抜き表現する独自の絵画様式を確立した。
1918年娘・麗子をモデルとした最初の作品『麗子五歳之像(麗子肖像)』を完成させる。1929年生涯一度の海外(大連・奉天・ハルビン)へ旅立つものの、帰国後に滞在先の(田島一郎の教理)山口県徳山で胃潰瘍と尿毒症を併発、同地で死去。享年38歳。

[ 岸田劉生 ] に関する美術館・博物館情報

人間国宝美術館
損保ジャパン東郷青児美術館
美術館・博物館画像
新潟県立近代美術館
長谷川町子美術館
神奈川県立近代美術館 鎌倉館
河村美術館
天一美術館
ひろしま美術館
下関市立美術館

[ 岸田劉生 ] に関するイベント情報

特別展 招き猫亭コレクション 猫まみれ展 -古今東西 和洋折衷 みんなで一緒にまみれようー
三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション

アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート