ゴヤ (4159pt)

ゴヤ
no check user
別の名称

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イルシエンテス, Francisco José de Goya Ylucientes

属性

ロココ~ロマン主義の画家 

年数

1746~1828

18世紀のスペイン美術を代表する巨匠。
1774年からタペストリーの下絵を手掛け始め、1786年から王室タペストリーの公式画家として認められる。
1780年王室や貴族の肖像画を描き、1789年にはスペイン王カルロス4世の宮廷画家に任命させる。
1790年代に入ると聴覚の減退、そして知識人との交流を経て、社会へ強い批判精神と観察力を会得し、画風にもそれが顕著になって現れる。
1795年にはサン・フェルナンド・アカデミーの長に推選される。
1796~98年の『着衣のマハ』、『裸のマハ』、1800年の『カルロス4世の家族』、ナポレオン軍の蛮行を批判した『1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺』1819年~23年に描かれた14点の『黒い絵』等の数々の油彩画の名作を描いた。
それ以外にも、人間の愚かさを批判した3集の銅版画集、『気まぐれ』、『戦争の惨禍』、『盲』も手掛けた。
1824年に祖国スペインの国内情勢に絶望しフランスに亡命、パリ滞在の後、ボルドーで死去。(享年82歳)
当時の美術の常識ではあり得ない画期的な技術、様式、発想を編み出した事から、近代絵画の祖を築いたの天才画家として評価されている。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート