リシツキー (3955pt)

リシツキー
no check user
別の名称

エルリシツキー,ellissitzky,ЭльЛисицкий,ラザーリマルコヴィッチリシツキー,ЛазарьМарковичЛисицкий,lazarmarkovichlissitzky

属性

グラフィックデザイナー、ブックデザイナー、展示デザイナー、建築家、写真家 

年数

1890~1941

19世紀末のアールヌーボー、象徴主義から20世紀のキュビズム、表現主義、未来派、ダダ、シュルレアリスムなどの芸術運動と構成主義、バウハウスなどのデザイン運動の時代を生きた「構成主義者=デザイナー」。ロシア・アヴァンギャルドの芸術家。
ロシア、スモレンスク州の田舎町ポルシノクに生まれ。大地主の執事をしていた父親は、諸外国をよく旅する人で、多国語に堪能であり、文学を好む人間だった。母親は敬虔なユダヤ教徒で、大変忍耐強い人間だったという。子供の頃から絵の才能を発揮し13歳で師イフェダ・ペンに出会う。ペテルブルクの芸術大学の受験でユダヤ人であることが原因で入学を拒否され、いったん画家になることを断念する。そして、1909年にドイツのダルムシュタット工科大学に留学し、建築の勉強を始める。戦後の混乱の中、リシツキーが最初に作家としての才能を発揮するのは、ブックデザインと絵本の仕事であった。
ロシア革命からその後のスターリンによる粛正といった激動の中で、革命後の社会主義国家ために貢献。1919年にカジミール・マレーヴィチに出会い強い影響を受けた。『プロウン』と呼ばれる独自のスプレマティズム世界を構築した。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート