マネ (3350pt)

マネ
no check user
別の名称

エドゥアールマネ,Édouard Manet

属性

印象派 

年数

1832~1883

1832年 パリの謹厳な裁判官の家庭に3人兄弟の長男として生まれた。1844年 名門中学コレージュ・ロランに入学。この頃から画家になることを考え始め、美術好きの伯父に連れられ、ルーブル美術館などで古典絵画作品に親しく接する。
1848年 両親の意向で海軍兵学校を受験するも早々に落第。再試験を待つ間練習船に見習い船員となり、南アメリカへ半年間航海に出る。
1849年 帰国し再試験を受けるがまたもや失敗。両親はマネの希望を受け入れ、本格的に画家への道に進むことを許す。
1850年 当時のアカデミスムの大家トマ・クーチュールに弟子入りし、その後6年間学んだ。
この期間精力的に過去の巨匠たちの作品を模写、研究した。
1859年 初めてサロン(官展)に出品した『アブサンを飲む男』が落選したが、審査員を務めたドラクロワや、詩人のボードレールからは高く評価された。
1861年 『スペインの歌手』と『オーギュスト・マネ夫妻の肖像』が2作とも初入選する。
1863年 落選展に出品した『草上の昼食』は物議をかもした。
1865年 サロンに展示された『オランピア』はさらに大きなスキャンダルとなった。
1870年 以降自らが示唆を与えた印象主義から逆に影響を受け、戸外での制作を積極的に行い、作風も印象派に特有の素早い筆致が目立つようになった。
1878年 体調が不安定になる 1880年 左足が壊疽にかかり歩行困難1882年 晩年の代表作である『フォリー・ベルジェールのバー』をサロンに出品した。
1883年 左足を切断し、同年4月30日に死去


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート