フライ (3379pt)

フライ
no check user
別の名称

ロジャーフライ,rogereliotfry

属性

画家・芸術批評家 

年数

1866~1934

ロジャー・フライは厳格なクエーカー教徒の家に生まれ、最初は科学者を志したが、ケンブリッジ大学に進むやしだいに絵画に魅かれ、画家=美術評論家へと転進した。自ら絵を描くのと平行して、精力的に講演や執筆をこなし、若い画家たちを先導した。
1910年ブルームズベリー・グループのメンバーたちと共に、
ロンドンのグラフトン・ギャラリーで『マネと印象派以後の画家たち』というポスト印象派の展覧会をロンドンで企画。それは、当時のイギリスではまだ知られていなかったフランスの新鋭の画家たちの絵画や彫刻だった。そこにはモネやルノワール、ドガといった「印象派」の画家たちと、その後に登場したゴッホやゴーギャンといった画家たちとを明確に線引きすることによって「ポスト印象派」の画家たちを強調する意図があった。イギリスの美術界を一新させた。
1913年「オメガ・ワークショップ」というデザイン工房を設立。ここに、ヴァネッサ・ベルやダンカン・グラントも所属した。ヴァネッサの妹で、作家ヴァージニア・ウルフが彼の評伝を書いている。1997年『ロジャー・フライ伝』。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート