デューラー (6036pt)

デューラー
no check user
別の名称

アルブレヒト・デューラー,Albrecht Dürer

属性

画家 

年数

1471~1528

ドイツ・ルネサンス期に活躍したドイツ美術史上最大の画家。
1471年にNürnberg(ニュルンベルク)の金銀細工師の息子として生まれ、M・Wolgemuth(ヴォルゲムート)に師事しフランス、ドイツ・ゴシック様式の絵画や版画を学ぶ。
2度イタリアのヴェネツィアへ留学し、G.Bellini(ジョヴァンニ・ベッリーニ)等と交友を持ち、此の地にて宗教性の強いゴシック芸術よりも学術的理論に基づく写実的なルネサンス芸術の技法を習得し帰国する。
それ故にDeutsche Renaissance(ドイツ・ルネサンス)絵画はデューラーによって確立された様式により、彼の活躍以前とでは革新的な変貌を遂げている。
1512年"Heiliges Römisches Reich"(神聖ローマ帝国)皇帝Maximillian(マクシミリアン)Ⅰ世の宮廷画家となり、現在のドイツを含む「神聖ローマ帝国」国内で名声を得る。
イタリア・ルネサンスの画家A.Mantegna(マンテーニャ)に影響を受けながら版画をひとつのジャンルとして確立し、多くの作品を残す他、美術史上初めて画家の署名にモノグラムを使用した人物でもある。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート