タトリン (4744pt)

タトリン
no check user
別の名称

ウラジーミル・エヴグラフォーヴィチ・タトリン,Владимир Евграфович Татлин,ヴラヂーミル・イヴグラフォーヴィチュ・タートリン,Vladimir Yevgrafovich Tatlin、Wladimir Jewgrafowitsch Tatlin

属性

画家、彫刻家、建築家、デザイナー、舞台美術家 

年数

1885~1953

ロシアのハリコフで技師の家庭に生まれ、水夫としてエジプト、シリアなどを訪れる。1909年モスクワの絵画・彫刻・建築学校で学ぶ。1913年ウクライナ音楽団とともにベルリンへ。ロシア民芸展を開催
ピカソと出会い、その後、立体造形的な絵画作品を制作する。1915年ラムウェイⅤ展に出品。また、「0.10」展に、はじめて<コーナー・カウンター・レリーフ>を発表。1917年ロドチェンコとともに「カフェ・ピトレスク」の室内装飾を手掛ける。1918年革命後、芸術学校で教鞭をとり、人民教育委員会造形美術部門モスクワ支部長となる
1919年美術省依頼の<第三インターナショナルのためのモニュメント>に着手。1921以後 芸術と産業の橋渡しを目指す構成主義の第一人者として、造形技術部門の要職を歴任。工業デザイン分野での形態と経済性、機能を結びつける努力を続ける。1953年死去。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート