ギヨマン (887pt)

ギヨマン
no check user
別の名称

ジャン=バティストアルマンギヨマン,アルマンギヨマン,ギヨーマン,ギョーマン,jean-baptistearmandguillaumin

属性

印象派,画家,リトグラフ版画家 

年数

1841~1927

パリの生まれ。叔父の経営するランジェリー・ショップで働きながら、夜にスケッチのレッスンに通った。フランス政府鉄道でも働いていた。1861年、スイス・アカデミーで勉強をはじめるが、そこで終生の友となるポール・セザンヌ、カミーユ・ピサロと出逢った。ギヨマンがまだ何の名声も得ていなかった頃、彼らの作品にギヨマンが与えた影響は意義深いものがある。セザンヌはギヨマンの描いたセーヌ川のはしけの絵を元に、最初のエッチングを試みたのであった。
1863年、ギヨマンは落選展に出品し、後に友人となるフィンセント・ファン・ゴッホの弟テオがギヨマンの絵を数点購入した。強烈な色彩に定評があり、世界中の美術館がギヨマンの絵を展示している。パリやクルーズ県、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の地中海沿岸に近いアドレ・ドゥ・レストゥレル周辺を描いた風景画で、とくにその名を残している。
1927年、パリの真南にあるヴァル=ド=マルヌ県オルリーでギヨマンは亡くなった。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート