フーベルト (1982pt)

フーベルト
no check user
別の名称

フーベルト・ファン・エイク,ファン・エイク兄弟,Hubert van Eyck

属性

初期フランドル派 

年数

1366~1426

誕生日や出生の記録はマース川流域の戦乱による破壊に巻き込まれて残っていない。現在のベルギー、マースエイクに生まれたとされている。ブルゴーニュ公子の宮廷画家となり、ヘントの富裕な貴族の一人を顧客とすることで高く評価されるようになったのである。1421年まではブルゴーニュ公フィリップ3世から年俸を受け取っており、1424年には裁判所に絵を描き、主席裁判官から公式訪問を受けて賞賛されている。もっとも重要な作品は富裕な商人ヨドクス・フィエトの依頼で描かれた『ヘントの祭壇画 (神秘の子羊)』で、フランドル派絵画の最高峰といえる作品である。かつてはギャラリーに分散して所蔵されていたが、現在は元通りシント・バーフ大聖堂の所蔵となっている。この祭壇画はフーベルトが制作を始めたが、その死とともに未完成になっていたものを弟が完成させた作品である。表裏あわせて24枚という多くのパネルで構成された祭壇画で、当時のほかの宗教絵画と比較して際立って特異な作品であった。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート