デュボワ=ピエ (4799pt)

デュボワ=ピエ
no check user
別の名称

Albert Dubois-Pillet,アルベール・デュボワ=ピエ

属性

新印象派 

年数

1846~1890

アルバート・デュボア=ピエはパリで生まれ、当初はサンシールの陸軍士官学校に所属。

その後まもなく、1870年の普仏戦争でセダンで敗北し、ドイツ人によって抑留されました。
解放され、帰郷した後、ネオ印象派の作品にインスピレーションを感じ絵を描きはじめました。

正式に絵の勉強は受けなかった独学のアマチュア画家だったが
様々なサロンが1877年には彼の静物画を受け入れた。

友人だったスーラらと、フランスで1884年以降開催されている無鑑査・無褒章・自由出品の美術展の
アンデパンダン展(仏:salon des artistes independants)の創設に参加し、出展しました。

軍が1886年に美術展に参加するから彼を禁じたものの、彼は彼の死まで創作活動を続けました。
おそらく、この反抗の態度が原因で、
1889年に彼は地元の兵隊の司令官として南フランス中部でルピュイに送還され、
1890年に天然痘の流行し44歳でなくなりました。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート