リュス (4116pt)

リュス
no check user
別の名称

マクシミリアン・リュス,Maximilien Luce

属性

新印象派 

年数

1858~1941

フランスの新印象派の画家。版画家。パリで貧しい家庭に生まれた。1872年に彫刻を勉強し始め、エコール装飾美術学校で知識を深めるために夜間コースを取った。1879年にパリへの帰国後4年間の兵役後、彼はパリのCarolus-Duran(1837年〜1917年)のスタジオで印象派の影響を受けるようになった。1880年に多くのパリの画家との友好を深めカミーユピサロ(1830〜1903)、ジョルジュスーラ(1859〜1891)とポールシニャック (1863〜1935)と共にネオ印象派(点描画)の創始者の一人となった。
カミーユピサロルースを通じてアナキズム思想の影響下に入った。
1941年にパリで死亡した。


アーティストの新規登録はこちらから
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート