トップ > 館名、キーワードで検索 > 徳島県 > 鳴門市 > 鳴門市ドイツ館

お気に入りにするには..
館名

鳴門市ドイツ館 ★★★★★(資料館・文学館・記念館)

URL

http://doitsukan.com 

住所

〒779-0225 徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2

TEL

088-689-0099(FAX:088-689-0909) 

駅・交通機関

JR高徳線 板東駅より徒歩20分
四国横断自動車道 鳴門西パーキングより徒歩10分
マイカーでは板野インターより7分
徳島空港よりタクシー30分 

料金

大   人 400円
小・中学生 100円
 ※20名様以上は団体割引有り(2割引)

営業時間

午前9時30分 ~ 午後5時(入館受付は4時30分まで)

休館日

第4月曜日(ただし、祝日の場合はその翌日)
年末 12月28日 ~ 12月31日

アーティスト

Now Loading...

時は第一次世界大戦(1914-18)、当時ドイツの植民地・山東省を日本軍が攻略した際に、ドイツ兵士約5000人が俘虜となり日本へ移送された。
その内の約950人が、1917年から1920年まで徳島県鳴門市・板東俘虜収容所にて過ごし、当収容所職員によって大変人道的な待遇をされた。
同時にドイツ兵士達は鳴門市民達とも友好な交流をし、これを通じて彼らの文化や技術までも紹介している。
その中でも特にベートーヴェンの交響曲第九番が日本で初演された事は有名である。
この歴史上の出来事に因んで1972年に旧・ドイツ館が建設され、1974年には鳴門市とドイツ・リューネブルク市との間で姉妹都市盟約が締結された。
現在のドイツ館はドイツ・バロック様式を模した建造物で、1993年10月13日に完成した。
日本の建材とドイツの建築様式が見事に融合した、あたかも明治時代の「欧化主義」の文化を彷彿させる物がある。
当館内には第一次世界大戦時に、ドイツ兵が残した史料や遺品を展示している他、俘虜収容所のミニチュア模型によって、当時の生活を垣間見る事が出来る。
又、周囲の環境も魅力的で、自然に恵まれ、当館のすぐ近所には「バルトの庭」と謂う旧・板東俘虜収容所の一部、並びに映画「バルトの楽園」(2006年)のロケセットを移築した施設もあり、更には「四国八十八箇所霊場」の一番札所・霊山寺、二番札所・極楽寺、そして大麻比古神社、等の有名な宗教施設もある。

鳴門市ドイツ館皆さんのコメント

ユーザー画像

Hochmeisterさん

★★★★★2016/01/12 00:41:29

鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館、(右から)ドイツ国旗、鳴門市旗、日本国旗

ユーザー画像

Hochmeisterさん

★★★★★2016/01/10 22:11:13

鳴門市ドイツ館

2階企画展示室

ユーザー画像

ゲストさん

★★★★★2014/09/21 02:11:38

鳴門市ドイツ館

鳴門市ドイツ館の写真

<< 前のページへ  [1] 次のページへ >>

鳴門市ドイツ館コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート