トップ > 東京都 > 千代田区 > 三菱一号館美術館 > 三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション

三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション

三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2010年08月24日 ~ 2010年11月03日 終了しました

時間

水・木・金  10:00~20:00
火・土・日・祝 10:00~18:00
※入場閉館の30分前まで

管理人

suzu

関連リンク

http://mimt.jp/yume/ 

会場

三菱一号館美術館 

料金

一般(大人) 1,300円 1,300円
高校・大学生 1,000円 1,000円
小・中学生 500円 500円

* ■ 日時指定券は、混雑時でも優先的に入場できるチケットです。販売期間:8月24日(火)~10月24日(日)
* ■ 未就学児は無料
* ■ 障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は半額割引

チケット販売

【当日券】

* ■ 販売期間:8月24日(火)~11月3日(水)

【日時指定券】

* ■ 販売期間:8月24日(火)~10月24日(日)

日時指定券はオンラインでご購入いただけます。
ご購入は「オンラインチケット購入」
https://webticket.jp/mimt_p/bin/ からお願いいたします。 

アーティスト

Now Loading...

幕末、土佐藩の海運業を任された岩崎彌太郎(1835~1885)は、明治維新後に三菱を興して事業を引き継ぎ、海運業のみならず、造船、銀行、保険、不動産と、現代まで続く様々な事業に着手、拡大させました。同時に岩崎家と三菱は、事業だけでなく、文化・芸術とも深い関わりを持ちます。しかしこのことは、岩崎家や三菱の社風もあり、これまで一般にはあまり知られてきませんでした。
岩崎家が興した文化・芸術に関わる施設としては、《曜変天目「稲葉天目」》(国宝)をはじめとする多くの美術品および古典籍等を所蔵する静嘉堂、《毛詩》(国宝)など、東洋学に関する貴重な書籍で知られる東洋文庫があります。しかし、岩崎家、三菱と文化・芸術との関わりはこの二つの施設のみではありません。
三菱一号館美術館開館記念展第二弾の展覧会である本展は、明治20年代、三菱による丸の内開発の最初期に存在した「丸の内美術館」計画の紹介から始まります。実現には至りませんでしたが、当時の三菱社では、英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852~1920)に美術館図面の作成を依頼していました。図面によれば、展示室のほか、レクチャールーム、図書室、学芸員室、といった今日の美術館としての機能を十分に備えた計画となっています。丸の内に美術館を、との夢は19世紀末より一世紀以上を経て、このたび三菱一号館美術館として実現したともいえるのです。
本展では、この「丸の内美術館」計画を紹介するほか、静嘉堂、東洋文庫所蔵の名品、さらには三菱系企業やゆかりの個人が所蔵するオーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、山本芳翠、黒田清輝らの作品を併せ、120点余(会期中入れ替え含む)が展示室を飾ります。
岩崎家および三菱の文化・芸術における知られざる一側面を、珠玉のコレクションと共にお楽しみ下さい。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクション皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

三菱が夢見た美術館 岩崎家と三菱ゆかりのコレクションコメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート