トップ > 東京都 > 千代田区 > 三菱一号館美術館 > マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン展

マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン展

マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン展  ★★★★


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2011年03月01日 ~ 2011年05月08日 終了しました

時間

10:00~18:00(水・木・金~20:00、入館は閉館30分前まで)

管理人

pan

関連リンク

http://mimt.jp/vigee/ 

会場

三菱一号館美術館 

料金

一般1500円 高校・大学生1000円 小・中学生500円

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

音楽の都ウィーンからフランスに嫁いだマリー=アントワネットは、同じ年に生まれた一人の女性画家エリザベト・ルイーズ・ヴィジェ・ルブランと意気投合し、王妃の肖像画家として重用しました。 彼女が描く、華やかで最新流行のドレスをまとった肖像画は、王妃のみならず、ヴェルサイユの宮廷の女性たちをも瞬く間に魅了し、ヨーロッパ中にその名を馳せていったのです。
ヴィジェ・ルブランは、フランス革命の足音が迫る中、絶対王政最後の華やかな宮廷を活写し、革命で断頭台の露と消えた王妃マリー=アントワネットのイメージを決定づけた重要な画家です。 その卓越した技量や作品数の多さにも拘らず、回顧展はかつて一度だけアメリカで開催されたのみで、我が国はおろか、祖国のフランスでさえ実現されたことがありません。
本展は、我が国で初めて本格的にヴィジェ・ルブランの画業を展覧すると同時に、彼女のライバルであり、対照的な運命をたどったラビーユ=ギアールをはじめ、18世紀フランスで華々しく活躍した女性画家たちの創造の成果を広く概観する、極めて野心的な試みでもあります。
三菱一号館美術館で、ロココの時代の女性芸術家たちの豊かな世界をご堪能ください。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン展皆さんのコメント

ユーザー画像

vejvetさん

★★★★☆2011/03/19 09:45:47 

40年近く前、週刊誌に連載された〔ベルサイユのばら〕でヴぃジェ=ルブランを知り、その絵を見てみたいと思ってました。展覧会へ行くたびにアンケートにと書きまくっていましたので、このたびの開催はとてもうれしいです。主催者の方にありがとう!って言いたいです。

<< 前のページへ  [1] 次のページへ >>

マリー=アントワネットの画家ヴィジェ・ルブラン展コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート