トップ > 兵庫県 > 姫路市 > 姫路市立美術館 > 生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌 兵庫展

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌 兵庫展

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌 兵庫展 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
otsuki   
otsuki   
お気に入りにするには..
開催期間

2011年08月30日 ~ 2011年10月02日 終了しました

時間

10~17時

管理人

otsuki

関連リンク

http://www.city.himeji.lg.jp/art/index.html 

会場

姫路市立美術館 

料金

一般1200 (1000) 大高700(500) 中小300(200)

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

酒井抱一(1761-1828)は、宗達、光琳が京都で築いた琳派様式を、江戸後期の江戸で再興した画家として知られます。その画風は伝統的な琳派を強く意識しながら、江戸後期らしい新たな好みや洗練度を加えたもので、近年は抱一の確立した新様式を「江戸琳派」と称しています。江戸琳派は、江戸画壇の一般的な傾向とも対応するように、単なる琳派伝統の祖述にとどまらない幅の広さを持っています。風俗画や仏画、吉祥画や俳画などさまざまな主題や作風に対応し得る柔軟性があり、そこには抱一が親交を結んだ各方面の文化人も深く関わっています。また、抱一の没後も江戸琳派は実に一世紀近く命脈を保ち、特に高弟の鈴木其一(1796-1858)や池田孤邨(1801-1866)らの幕末期の活躍は近年大きな注目を浴びているところです。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

姫路市立美術館 のイベント最新投稿

(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌 兵庫展皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌 兵庫展コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート