トップ > 兵庫県 > 神戸市東灘区 > 神戸ファッション美術館 > 感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形  ★★★★★


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2012年01月14日 ~ 2012年04月01日 終了しました

時間

10:00 - 18:00(入館は17:30まで)

管理人

神戸ファッション美術館

関連リンク

http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/index120114.html 

会場

神戸ファッション美術館 

料金

一般:500円 小中高65歳以上:250円

チケット販売

神戸ファッション美術館1階受付 

アーティスト

Now Loading...

今、日本のファッションが新たな注目を集めています。パリ、ニューヨーク、ミラノが発信するハイファッションばかりでなく、ストリートやファストファッションが強い影響力を持つなかで、ファッションの世界は大きな変化を迎えているのです。この展覧会は、新しい時代のリアリティを追求しつつ、ユニークなクリエイションを展開している10組のデザイナーの仕事を通じて、現在進行形の日本のファッションデザインの可能性を探るものです。オリジナルのテキスタイルを生かした服作り(ミナ ペルホネン/ミントデザインズ)、既成概念の見直し(アンリアレイジ/ケイスケカンダ)、新しい美意識の提案(まとふ/ソマルタ)、多面的な活動(シアタープロダクツ/リトゥンアフターワーズ)、ストリートからの発信(h.NAOTO/サスクワァッチファブリックス)など、特徴はさまざまですが、その根底には、社会への問題意識を持ち、ファッションデザインのありかたを前例にとらわれずに模索する真摯な姿勢が読み取れます。
みずから感じ、考えながら、新しいファッションデザインを目指す彼らの服づくりは、それぞれが「ファッションとは何か」という問いに対する多様な回答と言えるでしょう。完成された服や素材だけを見せるのではなく、クリエイションの背景にあるデザインのイメージや世界観などを、建築家中村竜治のデザインによる斬新な展示空間のなかで体感していただけます。ファッションと建築デザインのコラボレーションにもご注目下さい。

本展は、文化学園大学(旧文化女子大学)・文化ファッション研究機構、服飾文化共同研究拠点「現代日本ファッションデザインの研究」(メンバー:高木陽子、成実弘至、西谷真理子、堀 元彰)の研究成果の一部として開催するものです。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形皆さんのコメント

ユーザー画像

神戸ファッション美術館さん

★★★★★2011/12/08 14:04:30 

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形感じる服 考える服:東京ファッションの現在形感じる服 考える服:東京ファッションの現在形感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

ギャラリートーク
1月21日(土)、2月18日(土)、3月17日(土)
いずれも14:00~(約30分)
(予約不要・展示室をご覧の方は無料)
解説:当館学芸員


写真左から
ANREALAGE 2009 S/S
photo:FUJIWARA Mihoko
courtesy: ANREALAGE

SASQUATCHfabrix.
会場:東京オペラシティ アートギャラリー

THEATRE PRODUCTS
会場:東京オペラシティ アートギャラリー

SOMARTA
会場:東京オペラシティ アートギャラリー

<< 前のページへ  [1] 次のページへ >>

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート