トップ > 東京都 > 小金井市 > 中村研一記念小金井市立はけの森美術館 > 開館10周年記念 中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションより

開館10周年記念 中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションより

開館10周年記念 中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションより 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2016年08月13日 ~ 2016年09月18日 終了しました

時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

管理人

shu

関連リンク

https://www.city.koganei.lg.jp/kankobunka/453/hakenomori/kaikanbi.html 

会場

小金井市立はけの森美術館 

料金

一般500円 小中学生200円 ※未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

このたび小金井市立はけの森美術館は、開館10周年を記念して「中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションより」展を開催いたします。
 茨城県笠間市の笠間日動美術館は、東京銀座にある日動画廊の創業者である長谷川仁・林子夫妻が創設された美術館です。笠間日動美術館は画家のパレットのコレクションで名高く、350点を超えるコレクションは世界でも類を見ないものです。
 画家にとってパレットは絵画を制作するためになくてはならない道具ですが、パレット自体がとても魅力的なものであることはいうまでもありません。パレットに残された絵具の配置や絵具の塊、筆使いの跡や、色を混ぜた痕跡…それらは画家の息遣いや制作過程を想像させます。また、パレットに描かれた様々な絵からは、画家の個性や、知られざるユニークな一面を見ることができます。
 本展覧会では笠間日動美術館が所蔵する近代日本洋画の画家たちのパレットとともに、当館が所蔵する中村研一(1895-1967)や、中村と親交を結んでいた藤田嗣治(1886-1968)や辻永(1884-1974)といった画家たちの作品や書簡もあわせて展示します。パレットと絵画を通じて、画家たちが生きた時代の息吹を感じていただければ幸いです。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

開館10周年記念 中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションより皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

開館10周年記念 中村研一とその時代―笠間日動美術館のパレットコレクションよりコメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート