トップ > 東京都 > 小金井市 > 中村研一記念小金井市立はけの森美術館 > 南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」

南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」

南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2017年07月28日 ~ 2017年09月10日 終了しました

時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

管理人

shu

関連リンク

http://www.city.koganei.lg.jp/ 

会場

小金井市立はけの森美術館 

料金

一般500円、小中学生200円
※未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料

チケット販売

小金井市立はけの森美術館 

アーティスト

Now Loading...

第二次世界大戦中の1943(昭和18)年、海軍報道班員として従軍し、南方―東南アジアに向かった日本画家・伊東深水(1898-1972)は、当地で目にした風物に深く感銘を受け、スケッチを制作しました。4か月ほどの滞在で制作されたスケッチは四百数十点にものぼったと言います。膨大なスケッチのうち、現在270点ほどが市川市の所蔵になり、《南方風俗スケッチ》と呼ばれています。
伊東深水に限らず、従軍画家として南方に渡った画家たちは、目にした光景に創作意欲を刺激され、制作を行っています。伊東深水従軍の前年にシンガポールに渡った洋画家・中村研一(1895-1967)も、そうした画家の一人でした。当館所蔵の《宿泊先(昭南のわが宿)》(1942)や《海の見える庭》(1943)は、おそらくこの際目にした光景に基づいています。
本展示では、日本占領下の東南アジア諸地域が、日本人画家達からどのような視線を向けられていたのか、その一端を市川市所蔵、伊東深水《南方風俗スケッチ》を展示することで概観します。併せて、当館所蔵の中村研一による南方を描いた作品も出品します。近代の日本画・洋画双方の中に現れる多面的な「南方」の姿をご覧ください。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

南方より、伊東深水から―市川市所蔵「南方風俗スケッチ」コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート