トップ > 愛知県 > 清須市 > 清須市はるひ美術館‎ > 日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記)

日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記)

日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記) 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2017年10月11日 ~ 2017年12月10日

時間

10:00~19:00(入館は18:30まで)

管理人

haruhi museum

関連リンク

http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2017/miyawakiayako/index.html 

会場

清須市はるひ美術館 

料金

一般:500円、中学生以下無料
※20名以上の団体料金450円
※各種障害者手帳提示者および付添人1名は無料

チケット販売

美術館窓口 

アーティスト

Now Loading...

素朴なアプリケ作品で知られる宮脇綾子(1905-1995)。3人の子どもを育てる主婦でもあった彼女は、戦後、40歳ごろから身の回りの古布や端切れを使った創作活動に没頭するようになりました。ものを大切にする心を義母から学び、戦争や貧困を経験したからこそ生まれた作品には、日々のささやかな喜びと生への感謝、驚きや好奇心といった人間の根源的な感情が満ち溢れています。本展では、アプリケ作品だけでなく、創作に使われた端切れや愛用の油単、作品のインスピレーション源であり一部ともなった記録帖などを通して、宮脇綾子という作家の「日常」に対する視線を浮かび上がらせます。
 今回同時に取り上げるモンデンエミコ(1979-)もまた、針と糸を使い作品をつくりあげるアーティストですが、その表現は宮脇綾子と似ているようで少し異なります。生活と制作の間で悩みながらたどり着いた「刺繍」という方法によって、彼女は自身の「日常」そのものを創作活動とする術を得たといえるでしょう。
 両者の共通項は、流れゆく「日常」を可視化し、留め置き、綴りだしていく行為、そして「つくること」と「生きること」との密接な重なりにあります。うれしいときも、悲しいときも、晴れた日も、雨の日も、「つくること」を通じてとらえた「日常」をテーマとする展覧会です。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記)皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記)コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート