トップ > 兵庫県 > 三田市 > 兵庫県立人と自然の博物館 > 開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」

開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」

開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2018年02月11日 ~ 2018年04月22日 終了しました

時間

10時~17時(入館は16時30分まで)

管理人

ひとはく

関連リンク

http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/oldest-hand-axes.html 

会場

兵庫県立人と自然の博物館4ひとはくサロン 

料金

観覧料(大人200円、大学生150円、70歳以上100円、高校生以下無料)

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

アフリカ、とりわけエチオピアは、人類起源期から人類進化の各段階の、世界を代表する化石記録を産出しています。また、最古の確固たる打製石器、最古の「デザイン」された石器、出アフリカを成し遂げた人々の石器などが知られています。
 平成29年度に、東京大学総合研究博物館とエチオピア国立博物館の部局間協定のもと、エチオピア文化観光省文化遺産調査保全庁の取り計らいにより、これら世界水準の文化遺産である原研究標本をエチオピアから一時借用し、特別に展示する機会を得ました。これは、諏訪元(東京大学総合研究博物教授/館長)氏による1980年代以来のエチオピアにおける古人類学共同研究の賜物です。
 兵庫県立人と自然の博物館の研究員も1994年より、化石や石器の地質年の解明や古人類を含む哺乳動物の生息環境の推定などの分野で、この共同研究に深く関わってきました。そこでこの稀少な機会に、兵庫県立人と自然の博物館においてエチオピアの貴重な石器を展示し、古人類学研究の成果を県民に広く発信する国際共同特別展示を企画、開催します。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

開館25周年記念展示・国際共同特別展示「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート