トップ > 東京都 > 世田谷区 > 齋田記念館 > 齋田記念館 開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 ―渡邊省亭・水巴 父と子、絵画と俳句の共演―

齋田記念館 開館20周年記念特別展  渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 ―渡邊省亭・水巴  父と子、絵画と俳句の共演―

齋田記念館 開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 ―渡邊省亭・水巴 父と子、絵…… 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2018年04月02日 ~ 2018年07月28日

時間

開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)

管理人

saitacha

関連リンク

http://saita-museum.jp/exhibition-open/ 

会場

齋田記念館 展示室 

料金

500円 *会期中再度のご来館は、半券のご提示で100円引きとなります。

チケット販売

齋田記念館 受付 *前売り券なし 

アーティスト

Now Loading...

2018年、齋田記念館は開館20周年を迎えますが、時を同じくして、当館で多くの絵画を所蔵する画家・渡邊省亭の没後100年でもあります。省亭の命日は4月2日、花鳥画に秀でたことにちなんで「花鳥忌」と呼ばれますが、当館では、この日より渡邊省亭の絵画とその息子・水巴の俳句をテーマに特別展を開催し、当館の秘蔵コレクションを一挙公開いたします。
 渡邊省亭(1851~1918)は、幕末明治の歴史画家・菊池容斎に学びましたが、自身は花鳥画を得意として、1878年のパリ万博に際し、日本画家として初めて西欧に渡り、日本画に西洋の写実表現を取り入れ、独自の画風を築き上げました。一方、息子の水巴(1882~1946)は、俳句を志し、内藤鳴雪や高濱虚子に学び、のちに自ら俳誌『曲水』を創刊、主宰しました。水巴の句は、父の描く絵画の世界を詠じたかのような花鳥の描写や江戸情緒にあふれています。二人の芸術は、表現の形式こそ違いますが、ともに瀟洒で粋、ときに唯美的な独特の美の世界を湛えています。
 本展では、当館所蔵の省亭や水巴の作品に加えて、公益社団法人俳人協会ご所蔵の水巴の作品や資料等も出品いたします。省亭と水巴、父と子の絵画と俳句の共演をお楽しみいただけましたら幸いでございます。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

齋田記念館 開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 ―渡邊省亭・水巴 父と子、絵……皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

齋田記念館 開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 ―渡邊省亭・水巴 父と子、絵……コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート