トップ > 兵庫県 > 三田市 > 兵庫県立人と自然の博物館 > 収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第4回「色んな資料で見る阪神間の風景」

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第4回「色んな資料で見る阪神間の風景」

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第4回「色…… 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2018年09月09日 (終了しました)

時間

13:00~14:40、博物館の開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)

管理人

ひとはく

関連リンク

http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/scene-hanshin.html 

会場

兵庫県立人と自然の博物館 4階大セミナー室 

料金

観覧料(大人200円、大学生150円、70歳以上100円、高校生以下無料)

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

県立人と自然の博物館には160万点を超える資料が収蔵されています。今年度から標本資料をふんだんに使い、その面白さや標本を用いた自然の読み解き方を解説するスペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」を、毎月第2日曜日(平成31年1月を除く)に開催していきます。
第4回目は「色んな資料で見る阪神間の風景」と題して、当館収蔵の古写真や図会(おもに阪神間)を展示し、その魅力を紹介します。阪神間のさまざまな風景を、様々な資料で見比べます。絵図で表現されている事、古写真に写っているもの、映像に映し出される風景。同じ場所を、時代を超えた、様々な目線で見比べます。関連イベントとして、「クイズ 古写真に見る暮らしと自然」「クイズ 資料に見る阪神間の妖怪」と「まち歩きの作り方」のギャラリートークを展開します。ひとはく研究員が様々な資料を活用している様子を見て、写真や風景の絵と言った身近な存在そのものも貴重な資料になり得るということを実感して頂ければと思います。
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第4回「色……皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

収蔵資料スペシャル企画「標本のミカタ~コレクションから新しい発見を生み出す~」第4回「色……コメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート