トップ > 兵庫県 > 三田市 > 兵庫県立人と自然の博物館 > 第15回共生のひろば

第15回共生のひろば

第15回共生のひろば 


※開催日について※
休館日など本サイトでご確認の上お出かけになるように、くれぐれもご注意願います。
no check user
お気に入りにするには..
開催期間

2020年02月11日 (終了しました)

時間

10:00~16:30

管理人

兵庫県立人と自然の博物館

関連リンク

https://www.hitohaku.jp/infomation/event/kyosei15th.html 

会場

兵庫県立人と自然の博物館 3階及び4階 

料金

大人200円(150円)大学生150円(100円)70歳以上100円(50円)高校生以下無料

【障がい者割引】
大人50円(30円)大学生30円(20円)高校生以下無料

※( )は団体料金(20名以上)

*高校生以下は県内・県外を問わず無料です。
*70歳以上の方、障がいのある方は証明書をご提示ください。
*障がい者1名につきその介護者1名は無料です。
*再入場をご希望の方は、当日に限り可能です。入館時のチケット(半券)をお持ちください。
*団体でのご観覧を希望される場合は、事前に生涯学習課までご連絡をお願いいたします。

チケット販売

 

アーティスト

Now Loading...

主旨
兵庫県立人と自然の博物館では、地域研究員や連携活動グループをはじめ、地域の自然・環境・文化を自ら学び伝える活動を行っている方々が互いの活動を知り、活動の質を上げ、新たな展開のヒントを得る場として、2006年より毎年、「共生のひろば」を開催しています。

日時
令和2年2月11日(祝・火)10時00分~16時30分

場所
兵庫県立人と自然の博物館3階及び4階

内容
(1)口頭発表:8件(1件につき10分)→4階大セミナー室
(2)ポスター発表:78件→4階ひとはくサロン・各セミナー室、3階展示室等

発表題目(一部)
「淡路島の和泉層群から産出するウニ・ヒトデ化石」、「田んぼに棲む小さな貝たち」、「ぬか漬け~身近な食べ物の正体とは~」、「低圧・高二酸化炭素条件下におけるカイワレダイコンの生長と遮光時間の関係」、「住民主導・三位一体で実践する武庫川流域圏における水辺の環境づくり」、「兵庫県に自生するサギソウの遺伝的多様性」、「保存期間・保存方法によるジャガイモのビタミンC量の変化」、「自動撮影カメラが捉えたひょうごの野生動物の今」、「尼崎運河におけるチチブは武庫川から来たのか?」など

※昨年度は口頭発表・ポスター発表などが84件あり、2,000人もの方々にご参加いただきました。これまでの「共生のひろば」の発表記録は、下記からご覧ください。
https://www.hitohaku.jp/publication/book/kyouseinohiroba.html(外部サイトへリンク)

(3)賞授与:優れた発表に対し館長賞、名誉館長賞を授与
(4)講演(15時15分~15時45分):「苦情の分析からはじまる多様な街路樹の可能性」赤澤宏樹 主任研究員

参加費
無料(ただし、観覧料が別途必要)

連絡先
〒669-1546
三田市弥生が丘6丁目
兵庫県立人と自然の博物館
共生のひろば担当(櫻井麗賀)
TEL:079-559-2001
FAX:079-559-2015
(イベントを登録するにはユーザー登録ログインが必要です ※無料)

第15回共生のひろば皆さんのコメント

 
<< 前のページへ  次のページへ >>

第15回共生のひろばコメントの書き込み

お名前
コメント
おすすめ度
イメージ
※JPEG形式のみ(.jpg/.jpeg)


画像認証 画像認証
※上の画像で表示されている文字を(半角数字で)入力してください。
※書き込みの際には必ず利用規約をご確認の上、投稿してください。
Now Loading...
イベントの新規登録はこちら 美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート