イベント・キーワード

市之倉さかづき美術館 イベント・展覧会一覧

45 件中 1 - 10件目<< 前へ|12345次へ >>
サッカー好きサカズキ展2018 サッカー好きサカズキ展2018(1107pt/ 市之倉さかづき美術館

FIFA非公認第21回FIFAワールドカップ ロシア大会開催を記念して、サッカー好きを自負する作家11名による サカズキマッチを開催いたします。プレーヤーに見立てた盃たちがフィールドに勢ぞろい。 初戦退場もありえますので、お早めにご覧ください! 【出展作家】 大江憲……

ガラスとカナモノ展2 ガラスとカナモノ展2(1555pt/ 市之倉さかづき美術館

ガラス作家の竹中悠記さん、吉村桂子さん、金工作家の谷内亮太さん、中村智美さん、4名によるガラスと金属の作品展示です。ぜひ、ご高覧ください。 [ガラス]カラフルで細やかな模様をまとったパート・ド・ヴェールのうつわ、パーツを組み合わせ模様を再構築したうつわなど……

小林恭子展 小林恭子展(1057pt/ 市之倉さかづき美術館

京都で制作活動している小林恭子さんは、長年手掛けてきた確かな絵付技術と独自の感性で、これまでも多くの愛敬ある作品を生み出してきました。今回は花や動物、“ダンスをしている人”などが描かれた食器を中心に花器や香炉なども並びます。心躍る小林恭子の世界を是非ご高覧く……

松本治幸展 松本治幸展(6989pt/ 市之倉さかづき美術館

滋賀で制作される松本治幸さんの東海地区初個展です。松本さんの繊細な器は、私共が「手のひらの宇宙」と呼んでいる明治・市之倉の陶工の仕事を彷彿させます。紙のように薄い器は、手に取ると驚きの軽さで、その鋳込みやろくろ技術の高さを伺い知ることができます。 今回は、……

小さな宇宙展 小さな宇宙展(5505pt/ 市之倉さかづき美術館

盃は小さなうつわです。しかしながら、人生の節々に登場し、愛でられてきたその掌中の小さなうつわには、陶工や人々の想いが満ち溢れています。 綺羅星の如き日本陶芸界珠玉の46名の陶芸家たちが「さかづき=小さな宇宙」をテーマに自らの想いを託し制作、その「小さな宇宙……

NIPPON の 夏 展 NIPPON の 夏 展(4652pt/ 市之倉さかづき美術館

毎年恒例、「手ぬぐい」の展覧会です。 捺染と注染の2種類の染めをご覧いただけます。風鈴、うちわなどの夏小物の他に、包む・運ぶ・飾る…用途に合わせて変幻自在な「風呂敷」も並びます。 「日本の心」を表現する、機能的であり、なおかつ日常を楽しく豊かにするアイテムを……

セイカdeウツワ 展 セイカdeウツワ 展(4054pt/ 市之倉さかづき美術館

美濃と京都の交流を図るため、2004年より4回にわたって京都精華大学陶芸科の講師と卒業生による展覧会を行ってきました。今回は、全国各地で活躍する卒業生18名による展示です。酒器を中心に、皿や湯呑、ポット、花瓶、抹茶碗、蓋物などさまざまな「器」が並びます。京都で磨……

三笘修 展 三笘修 展(5764pt/ 市之倉さかづき美術館

大分県で制作し、全国で活躍されている三笘修さんの当ギャラリー3回目となる個展です。 シンプルで軽やかな形に、灰粉引・鉄釉・黄石釉・鉄赤・藁白釉など、地元で採れる灰や土を使ってつくる、様々な釉薬が深い味わいを添えている作品です。今回は新たに青磁、灰釉、朧釉な……

ゆう工房 食のうつわ展 ゆう工房 食のうつわ展(3923pt/ 市之倉さかづき美術館

ゆう工房は、平成23年備前金重有邦門下の三人で開設した工房です。 「日々のくらしに潤いを与える器」を念頭に土に向かっております。 此の度、機会にめぐまれまして初めて展観させて頂きます。どうか手に取っていただき、日常の食卓に添えていただきましたら幸いです。 備……

村上雄一展 村上雄一展(2796pt/ 市之倉さかづき美術館

土岐市で制作されている村上雄一さんの、当ギャラリー2回目となる個展です。今回は白磁・青磁・粉引・刷毛目・三島手に加え、高麗やオーブンウェアなど新作の技法の作品も展示します。また、中国茶器、煎茶器、耐火土瓶、醤油さし、ポットなどさまざまな注器を中心に、酒器・……

<< 前へ|12345次へ >>
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート