イベント・キーワード

平和祈念展示資料館 イベント・展覧会一覧

51 件中 1 - 10件目<< 前へ|123456次へ >>
イベント画像 企画展「絵と詩で綴る引揚げ-七十五日の旅記録-」(3841pt/ 平和祈念展示資料館

敗戦によって外地での生活のよりどころを失い、身に危険が迫る過酷な状況をくぐり抜け、日本に引き揚げてこられた約320万人におよぶ「海外からの引揚者」がいます。引揚者の大半は、女性や子ども、老人でした。今回の企画展では、満州からの引揚者である岩田ツジ江さんが、絵……

イベント画像 10月の定期語り部お話し会(2951pt/ 平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館では、語り部を通して、さきの大戦における体験者の労苦を伝える機会として、毎月第3日曜日に「語り部お話し会」を開催しています。今回は福岡澄子さん(引揚体験者)が自身の体験を語ります。 ※都合により出演者が変更になる場合がございます。

イベント画像 特別展示「収容所の日々 シベリア抑留を描く Vol.4 」(3166pt/ 平和祈念展示資料館

戦争が終結したにもかかわらず、シベリアをはじめとする酷寒の地で、乏しい食糧と劣悪な環境の中、過酷な労働を強いられた約60万の戦後強制抑留者の方々がいます。このうち約6万人が命を落としました。帰国できた人の中には抑留の事実を後世に伝えるために、あるいは亡くなっ……

イベント画像 秋の連休特別プログラム「戦争体験者の証言を聞く、観る、読む」(3084pt/ 平和祈念展示資料館

戦後の労苦をより深く知っていただくため、秋の連休特別プログラム「戦争体験者の証言を聞く、観る、読む」を下記の日程で開催します。 開催日: 9月17日(土)/18日(日)/19日(月・祝) 22日(木・祝)/24日(土)/25日(日) 10月1日(土)/2日(日)

イベント画像 夏休みイベント「知ろう 考えよう 戦争のこと」(2770pt/ 平和祈念展示資料館

戦争が終わってからも、苦しくつらい体験をした人たちがいることを知っていただくために、夏休み期間中、戦争体験者による語り部お話し会、抑留体験者の家族が託された想いを語るトークイベント、人気声優による読み語り、夏休みの宿題にも役立つワークショップなど、様々なイ……

イベント画像 企画展「凍土に眠る戦友への想い-絵画に見るシベリア抑留-」(711pt/ 平和祈念展示資料館

戦争が終結したにもかかわらず、シベリアを始めとする酷寒の地において、劣悪な生活環境の中、過酷な強制労働に従事させられた「戦後強制抑留者」は約57万5千人いました。そのうち約5万5千人が命を落としました。 今回の企画展では、抑留中の“戦友”の姿が描かれた絵画作品を……

イベント画像 6月の定期語り部お話し会(1548pt/ 平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館では、語り部を通して、さきの大戦における体験者の労苦を伝える機会として、毎月第3日曜日に「語り部お話し会」を開催しています。 今回は鈴木忠典さん(元兵士)が自身の体験を語ります。

イベント画像 5月の定期語り部お話し会  毎月第3日曜日は語り部お話し会(321pt/ 平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館では、語り部を通して、さきの大戦における体験者の労苦を伝える機会として、毎月第3日曜日に「語り部お話し会」を開催しています。 今回は吉田勇さん(引揚体験者)が自身の体験を語ります。

イベント画像 平和祈念交流展  陸軍最後の特攻基地 「幻の万世飛行場(712pt/ 平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館では他館と連携した交流展を行っています。この度は、鹿児島県南さつま市の万世特攻平和祈念館と連携し平和祈念交流展を実施します。 日本三大砂丘の吹上浜に、昭和19(1944)年の終わり頃、陸軍最後の飛行場が建設されました。しかし、終戦間際のわずか4か……

イベント画像 GW(ゴールデンウィーク)特別イベント 「体験者が語る、映像が語る 戦争の記憶(552pt/ 平和祈念展示資料館

ゴールデンウィーク期間にあわせて、特別イベントを開催します。 語り部の方から貴重な体験談を聞くことができるお話し会や、上映会などのプログラムを通して、戦後の労苦体験を伝えます。 また、イベント期間中は、学芸員による館内ガイドツアーを毎日実施します。

<< 前へ|123456次へ >>
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート