イベント・キーワード

松岡美術館 イベント・展覧会一覧

21 件中 1 - 10件目<< 前へ|123次へ >>
古代エジプトの女性と女神 古代エジプトの女性と女神(581pt/ 松岡美術館

館蔵 日本画 伝統芸能と音色の響き 館蔵 日本画 伝統芸能と音色の響き(546pt/ 松岡美術館

創立者 松岡清次郎は自ら義太夫節に親しみ、文楽を題材とした絵画を多数蒐集しています。今展では、宮前秀樹、大森運夫らが描いた文楽人形をはじめ、文楽に先立つ傀儡を描いた月岡雪鼎の江戸時代絵画のほか、大山忠作、上村松園らによる歌舞伎や能、舞踊など伝統芸能にちなん……

松岡コレクション 元気な文様たち 五彩・青花を中心に 松岡コレクション 元気な文様たち 五彩・青花を中心に(154pt/ 松岡美術館

宋時代の青磁をはじめとする格調高い作品を作り上げてきた中国陶磁は、明時代後期になると文様、色彩ともに濃密でエネルギッシュな作風へと変化し、明から清への王朝交代期に向かって、より自由闊達な魅力を増していきます。そこに描かれる草花、あるいは龍や獅子といった吉祥……

松岡コレクションの日本油彩画 松岡コレクションの日本油彩画(1162pt/ 松岡美術館

半生をかけて美術品を蒐集してきた松岡は、80歳を契機として個人コレクションを広く一般に公開するため、当館を設立しました。それからも最晩年の94歳までロンドン、ニューヨーク、香港へと海外のオークションに赴くのですが、その合間を縫って、美大系予備校の運営を契機に関……

松岡コレクション―中国動物俑の世界 松岡コレクション―中国動物俑の世界(789pt/ 松岡美術館

古代中国では、霊魂は不滅であると考えられており、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、死者とともに木、土、金属などで作った人形‐俑を副葬する風習がありました。俑のなかでも、土を成形し焼き上げた陶俑は原料調達や制作の容易さ、長持ちするといった利点から、様……

松岡コレクション エコール・ド・パリを中心に 松岡コレクション エコール・ド・パリを中心に(2472pt/ 松岡美術館

伝統を打破した印象派の誕生以降、次々と新しい動向が沸き起こり芸術活動の最前線となったパリ。その解放的な空気に憧れ、世界各地から各々の夢を胸に多くの画家志望者たちがパリに集いました。日夜、制作に明け暮れ、カフェで芸術談義を交わし、仲間とパーティーを開いては酔……

松岡コレクション 水のうつわ 空のうつわ 涼を招く東洋陶磁 松岡コレクション 水のうつわ 空のうつわ 涼を招く東洋陶磁(1753pt/ 松岡美術館

水と空をキーワードに、館蔵の中国・韓国・日本・ベトナム・イランの陶磁器をご紹介します。 碧緑の青磁、ターコイズ・ブルーの青釉や澱青釉、白磁にコバルト・ブルーの文様が清々しい青花など、水や空の青さを感じる色調のうつわを中心に、水注や杯など水や酒、茶のうつわ、……

館蔵 日本画展 人、動物、自然 館蔵 日本画展 人、動物、自然(5698pt/ 松岡美術館

松岡美術館は、2018年1月30日(火)から5月20日(日)まで「館蔵 日本画展 人、動物、自然」を開催します。日本画の伝統を継承しつつも、近代感覚を取り入れ新しい表現を模索した荒木寛畝、橋本雅邦、横山大観、下村観山また、京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙らの軸装作品……

館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ 館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ(2972pt/ 松岡美術館

松岡美術館は、2018年1月30日(火)から5月20日(日)まで「館蔵 古伊万里 華やぎのうつわ」を開催します。 乳白色の磁肌に清澄な色彩で花鳥や唐人物が絵付けされた優美な柿右衛門様式、濃紺の染付に赤と金による桜花や元禄美人が煌びやかな古伊万里金襴手。これら肥前有田で焼……

松岡コレクション 屏風と掛軸 大画面の魅力・多幅対の愉しみ 松岡コレクション 屏風と掛軸 大画面の魅力・多幅対の愉しみ(6261pt/ 松岡美術館

松岡美術館は、2017年10月4日(水)から2018年1月21日(日)まで「松岡コレクション 屏風と掛軸 大画面の魅力・多幅対の愉しみ」を開催します。 伸縮自在な屏風はその名のとおり風を屏ぎ、居住空間を間仕切る調度であり、瞬く間に大画面を展開して特別な場を創り出し権威や祝祭……

<< 前へ|123次へ >>
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート