イベント・キーワード

清須市はるひ美術館‎ イベント・展覧会一覧

14 件中 1 - 10件目<< 前へ|12次へ >>
清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ 清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ(1072pt/ 清須市はるひ美術館‎

清須市はるひ美術館では1999年の開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画(平面作品)の公募展を継続して開催してきました。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選し、個展形式で取り上げる展覧会です。 今回は、2018年におこなわれた……

開館20周年記念企画展 嗅覚のための迷路 開館20周年記念企画展 嗅覚のための迷路(1885pt/ 清須市はるひ美術館‎

帰り道、よその家の台所から漂ってくる夕飯の匂い、雨が降る前の匂い、昔の恋人の匂い。日常生活のなかには、食べ物、環境臭、体臭などあらゆる匂いが混在しています。そしてその匂いを、私たちは産声を上げた瞬間から現在まで呼吸とともに感じ取っています。目には見えず、か……

清須市はるひ美術館開館20周年記念特別展 みんなと絵本とMAYA MAXX 清須市はるひ美術館開館20周年記念特別展 みんなと絵本とMAYA MAXX(2243pt/ 清須市はるひ美術館‎

1993年のデビュー以降、絵画、挿絵、CDジャケット、メディアへのイラスト提供、テレビ出演など幅広く活躍するMAYA MAXX。ポップで軽やかでありながら、力強く心を揺さぶるパワフルな表現で多くの人々の共感を得てきました。描くことを愛し、人を愛し、たとえ子どもであっても……

開館20周年記念企画展 清須ゆかりの作家 岡崎達也展 セラミックデザインとクラフト 開館20周年記念企画展 清須ゆかりの作家 岡崎達也展 セラミックデザイン……(2361pt/ 清須市はるひ美術館‎

清須にゆかりのある作家を紹介するシリーズの第5弾となる本展では、当市に工房をもつセラミックデザイナーの岡崎達也(1976-)を取り上げます。温かみのある色合いと丸みを帯びたフォルムのスパイスケースや、りんごと洋なしの形をしたシュガーポット。彼の陶磁器は、愛らし……

元永定正展 おどりだすいろんないろとかたちたち 元永定正展 おどりだすいろんないろとかたちたち(2124pt/ 清須市はるひ美術館‎

元永定正は、『もこ もこもこ』(文・谷川俊太郎)や『もけらもけら』(文・山下洋輔)など数多くの絵本を制作しました。今までにないものをつくるというモットーをもっていた関西の前衛美術グループ「具体美術協会」の代表的なメンバーであった彼は、絵本においても誰かの真……

清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ 清須市第9回はるひ絵画トリエンナーレ(3560pt/ 清須市はるひ美術館‎

清須市はるひ美術館では1999年の開館以来、新たな才能を発掘・育成するべく、絵画の公募展を継続して開催してきました。第9回にあたる今回は、過去最多となる637名、1,261点の作品が寄せられました。本展では、審査員によって選ばれた入賞8点と入選20点を展示いたします。これ……

イベント画像 清須市はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ(6458pt/ 清須市はるひ美術館‎

清須市はるひ美術館では1999年の開館以来、新たな才能の発掘・育成を目指し、絵画の公募展を継続して開催してきました。「アーティストシリーズ」は、この公募展で高く評価された作家から厳選して、個展形式により紹介する展覧会です。 今回は、2015年におこなわれた公募展「……

日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記) 日常を綴る 宮脇綾子展(同時開催:モンデンエミコの刺繍日記)(5169pt/ 清須市はるひ美術館‎

素朴なアプリケ作品で知られる宮脇綾子(1905-1995)。3人の子どもを育てる主婦でもあった彼女は、戦後、40歳ごろから身の回りの古布や端切れを使った創作活動に没頭するようになりました。ものを大切にする心を義母から学び、戦争や貧困を経験したからこそ生まれた作品には、……

イラストレーター 安西水丸 漂う水平線(ホリゾン) イラストレーター 安西水丸 漂う水平線(ホリゾン)(5003pt/ 清須市はるひ美術館‎

安西水丸は、1970年代より小説、漫画、絵本、エッセイや広告など多方面で活躍したイラストレーターです。彼は、広告会社や出版社などで働き、イラストレーションを描く側だけではなく、依頼する側の視点も積極的に学びました。明快な色合い、モチーフの大胆な配置、最小限の要……

黒蕨 壮 彫刻展 木によるリアリティと情念 黒蕨 壮 彫刻展 木によるリアリティと情念(3813pt/ 清須市はるひ美術館‎

清須にゆかりのある作家を紹介するシリーズの第4弾となる本展では、彫刻家・黒蕨(くろわらび)壮(そう)(1951-)を取り上げます。手先が器用だったという祖父の影響で幼少期から木彫に親しんできた黒蕨は、ほぼ独学で現在に至るスタイルを確立。1980年代から全国各地の公募展……

<< 前へ|12次へ >>
美術館・博物館の新規登録はこちらから
美術館・博物館等デジタルコンテンツ制作します
アーティストTAG
Now Loading...

アクセスの多いスポット

  • Now Loading...

アクセスの多いイベント

  • Now Loading...

今日の天気

アンケート