Categories
アート展

2021年上半期おすすめの展覧会

2021年もあっというまにもう、1/3が過ぎそうです。気温もすっかり暖かくなり、お出かけが楽しい季節ですね。今年はまだまだ、注意が必要ですが、美術展はもうオープンしているところも多いです。一人でゆっくり観てもいいし、この時期ぴったりのリフレッシュ方法だと思います。

本記事では、この春おすすめの展覧会をご紹介します 。

クロード・モネ -風景への問いかけ

オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画

開催美術館:アーティゾン美術館

開催期間:2021年5月29日(土)~2021年9月10日(金)

世界有数のモネのコレクションを所蔵するオルセー美術館からの作品を中心に、モネの真髄にせまる絵画展です。

本展覧会は、元々は2020年春に予定していましたが開催延期となっていました。こうしてこの春、無事公開することができ、貴重な油彩画の数々を楽しむことができます。外の世界でも新緑が眩しいこの季節に楽しむのにぴったりです。

自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築する、類のないビジョンを示す独創的な作品世界。

「マーク・ マンダース―マーク・マンダースの不在」

開催美術館:東京都現代美術館

開催期間:2021年3月20日(土・祝)~2021年6月20日(日)

本展覧会のアーティストは、1968年オランダのフォルケル生まれであり、現在はベルギー拠点です。架空の芸術家「マーク・マンダース」という人物の自画像を、「建物」の枠組みを用いて構築するという一風変わった展覧会です。

「ムーミン コミックス展」

開催美術館:茨城県近代美術館

開催期間:2021年1月16日(土)~2021年3月14日(日)

みんな大好きムーミンの貴重なスケッチ、原画など280余点の作品が観られる展覧会です。ムーミン童話の生みの親であるトーベ・ヤンソン(1914-2001年)は、1945年にムーミン・シリーズ第1作となる『小さなトロールと大きな洪水』を発表しました。最初はコミックではなく小説という形でした。その後1947年に、漫画という形で新聞連載が開始し、程なく人気を博しました。現在では20カ国以上で翻訳されています。

コミカルでちょっと毒のあるお話は大人もこどもも楽しめます。本展では、ムーミンコミックスの未邦訳のストーリーや愛すべきキャラクターなどに焦点を当てています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *