Categories
美術館

エルミタージュ美術館(ロシア・サンクトペテルブルク)

ロシアの美しい歴史としであるサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。世界三大美術館のうちの一つに数えられる広大な規模の展示施設です。

収蔵作品数もおよそ300万点と圧倒的ですが、特筆すべてきは建物。世界遺産に登録された豪華絢爛な建物は、それ自体が貴重な芸術的建築物です。なかには金塗りの部屋なども。

建物そのものが芸術品

エルミタージュ美術館は、小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュ、エルミタージュ劇場、冬宮殿の5つの建物に分かれています。本館となっている冬宮殿はロマノフ朝時代の王宮です。「美の殿堂」「ロシアの宝石」とも評されるその建物はまるで、それ自体が巨大な芸術作品のような美しさ。筆者も訪れたことがありますが、ほんとうに、建物だけで満足してしまえる見応えでした。

ほかに、元々王宮だった建物を利用している美術館にルーブル美術館がありますが、残念ながら現代的な改修を重ねたその建築に王宮の面影はあまり残っていません。それに対して、エルミタージュ美術館は一歩足を踏み入れれば、鮮やかな原色や金のロココ調の室内装飾に満ち満ちた壮麗な世界が広がっており、まさに王宮といった佇まいが堪能できます。

エルミタージュ美術館の歴史

エルミタージュ・コレクションは、1764年にエカチェリーナ2世がドイツの画商ゴツコフスキーから美術品を買い取ったことから始まりました。

エカチェリーナは、冬宮殿の隣に自分だけの専用の美術品展示室を建設しました。それがいまの「小エルミタージュ」です。ちなみに、「エルミタージュ」という言葉は、当時のフランス貴族がのプライベートの離宮を指します。続く1787年には、数が増えたコレクションを収納するために東隣に施設が増築されました。これが、旧エルミタージュです。エルミタージュ劇場もこの頃に建設されました。

当初は一般公開されていませんでしたが、1863年に初代館長となったゲデオーノフによってサンクトペテルブルクの一般市民にも公開されました。同時期に、新エルミタージュが増築されています。

エルミタージュ美術館は、1917年のロシア革命後には、貴族から没収されたコレクションの集積所となりました。その翌年、冬宮殿に収納していた研究資料や組織を建物共々、エルミタージュ美術館として統合することが決定され、それは第二次世界大戦後に完了しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *